金沢のホテル客室事情2019

 

立場上、いろんな場面で挨拶をする機会が多い。引出しを多くするため、ネタ帳を作っている。12月・1月は宴席が多いので、ネタ帳を整理していたところ、北國新聞11月20日の記事の切り抜きで、ホテル事情に関するものが出てきた。後で読もうと思って忘れていたものである。

 

記事には金沢の宿泊施設の客室数が千葉を超えて全国11位になったとあった。えっ???以前ブログにも書いたが2017年に政策投資銀行がまとめたレポートには名古屋を超えて10位になるとあったのになぜに11位?部屋数も2017年で9300室ほどだったのが記事には3万室と書いてある。???

 f:id:kamiya1882:20191213081916p:plain

 よくよく記事を読んでみると、北國新聞の記事に出ていた数字はホテルと旅館の客室数の合計と書いてあった。対して政策投資銀行のレポートには旅館の客室数は入っていなかったのである。記事の元データが厚労省HPとあったので、実際にアクセスしてみた。

 

f:id:kamiya1882:20191220090259p:plain

 

名古屋のホテルは1万室弱だが旅館数が2万室。施設数が247とある。これも??? 仕入れ先さんが名古屋に多いため、名古屋には行く機会は多いがそんなたくさんの旅館あったようには思えない。

ここで言う旅館業の定義は「和室の部屋を宿泊用途に貸しているもの。」とある。名古屋のタウンページを調べてみたら、旅館のカテゴリーが約60施設。載せていないところもあるだろうが、その数が200施設にのぼるとは考えにくい。これを調べているとき、同じページにラブホテルが多く載っていた。その数150余り。どうもラブホテル(最近はブティックホテルとかファッションホテルと言うらしい)、がなぜか旅館業として登録されているようである。ラブホテルなら業務柄、載せていないところもあるだろうから、それなら納得がいく。

ここに、近年増えているゲストハウスは簡易宿泊所になるため数字としては入っていない。2017年の金沢の旅館室数が690室で2018年のホテル旅館の室数合計が10,890室とある事から、2019年だけで800室増えているので現在11,000室と推測される。おそらく金沢のホテル客室数は、政策投資銀行のレポート通り、現時点(2019年12月)で名古屋を超えていると思われる。 

因みに、『北國新聞の記事には政令市の千葉を抜いて11位になった』となにやら誇らしげな表現で書いてあったが、ホテルの数だけみると千葉市は6,000室ほどなので、既に抜いているのである。

今後、4月頃金沢駅前のハイアットがオープンし、尾張町の郵便局の跡地に建築予定のホテルがヒルトンと言われている。プレスリリースは無いが、駅西口のNHK隣にマリオットが来るという噂も。同じく西口のJR車庫の跡地もおそらくホテルを考えているだろう。都ホテルの跡地はどうするのであろうか? 

袋町にある元弊社跡地のホテル建設も、ようやく文化財の発掘が終わり来週から工事着工される。2021年4月オープン予定。供給不足で宿泊料が高騰した時期もあった、ホテル事情もここ数年で大きく事情が変わっていきそうな感じである

 

安い日本のビッグマック

12月12日(木)

 私は気になる記事があると必ずコピーを取るようにしている。決して紙屋だからなのでは無く、写真とかとっても後で読み返すことはまず無いことが経験で分かったし、紙で置いておくと後日手軽に目を通すことが出来るからである。最近気になった事で、10日の日経新聞1面に日本が安いという記事が載っていた。 

 

価格が映す日本の停滞 ディズニーやダイソー世界最安

安いニッポン(上)

サービス・食品 小売り・外食 2019/12/10 2:00日本経済新聞 電子版

モノやサービスなど日本の価格の安さが鮮明になってきた。世界6都市で展開するディズニーランドの入場券は日本が最安値で米カリフォルニア州の約半額。100円均一ショップ「ダイソー」のバンコクでの店頭価格は円換算で200円を超す。割安感は訪日客を増やしたが、根底には世界と比べて伸び悩む賃金が物価の低迷を招く負の循環がある。安いニッポンは少しずつ貧しくなっている日本の現実も映す。

                         2020年12月10日日本経済新聞

 

バンコクダイソーが円換算で200円、中国では原産地にも関わらず153円で売られているという。昨年バンコクに行った際、現地の銀行マンは経済格差が日本の三分の一と言っていたので、タイ人にとってダイソーの商品は600円ぐらいのイメージか?

 

他の先進国と比べると、日本のランチが安いという話はよく聞く。先般、30数年前に我が家にホームステイしていたオーストラリア人が久しぶりに遊びに来た際に、ランチ事情について聞いてみた。概ね1500円から2000円ぐらいが相場だそうだ。ただ、現地でもこの値段は高いと思われているようで、通常はお弁当を持参することがほとんどで、日本人のようにランチを外食で済ませる事はあまり無いそうである。

 

話がずれた。記事の中に、ビッグマックの価格も安いとあった。日本が390円に対し、アメリカが530円ぐらいとか。1986年~87年にかけて1年間アメリカに留学したが、マックの価格に驚いた覚えがある。当時、日本のハンバーガーが230円、ビッグマックが420円ぐらいだった。対し、アメリカではそれぞれ55セント、1ドル65セント、当時のレートが丁度プラザ合意後の超円高が始まったころだったので、今では考えられないくらい幅が大きいが140円~170円。換算するとハンバーガーが90円、ビッグマックが270円ぐらいのイメージ。当時のこずかいが3,000円/月。ビッグマックとポテトとドリンクで800円ぐらいしてたの、とても気軽に手を出せるものでは無かったように記憶している。それが向こうではセットでも500円しなかったので、ロータリークラブから60$(約1万円)小遣いをもらってて、懐具合も良かったこともあったからか良く食した。

 

そのマクドナルドも、円高で輸入品価格が下落するにつれ価格破壊の代名詞となり、ハンバーガーが65円まで下がった事もあったくらいだが、いつの間にかアメリカでは逆に値段が上がっていたようである。

色々調べていたら、ユーチューブに世界のビッグマック価格推移をグラフにした興味深い動画を見つけた

https://www.youtube.com/watch?v=FVGgxCcPIxE

これによると2013年頃から世界的に値段が上がり始めたみたいである。

ちなみに直近の価格一覧がこれ。日本は26位で、スリランカより安い。

 

f:id:kamiya1882:20191212094450p:plain

 

 

昨今、インバウンドが好調との報道がよく聞こえてくるが、決して「おもてなしの心」や「伝統・文化」だけが要因では無く、なんと言っても安いと言うかコスパ抜群なのが主因だそうだ。

 

東京や大阪のホテルが随分上がって、ビジネスホテルでも1万円以下を探すのは難しくなってきて、東京への出張に苦慮している営業マンが多いと聞く。しかし、世界的に見るとこれでも十分安いらしく、パリやニューヨークでは300ドルぐらいはするそうだ。地元にある、1泊数万円する高級旅館も海外のVIPにしてみれば割安だから、随分先まで満室なんだそうである。

 

中国人観光客がドラッグストアで爆買いするのも、日本の日用品が高品質の割には安価であるからである。先般香港に寄った時ふらっとお店に入ったら子ども用紙おむつが国内価格の倍ぐらいで売られていた。3年前の大連も同じような感じであった。

 

物価が安ければ一般人の生活は楽だが、そこに携わる人たちの収入は上がらない。割安なら店頭の価格をちょっと上げれば良いじゃないかと思うも、今回の増税に食品は対象外であったにも関わらず、世の中の消費がかなり落ち込んでいるようである。弊社に来られている資材メーカーさんも先月から皆さん悲鳴をあげている。やはり、値段が上がる事に消費者は敏感なのである。でも価格がこなれてくれば、その価格が通常になるので、いずれ消費は戻ってくるのではないかと思う。価格が上がっていかない事には所得が上がらないのである。

生分解性プラスチックについて

2019年8月28日(水)

 

『脱プラ問題』先般開催された、G20でもっと盛り上がってくるかと思われていたが、意外に少しトーンダウンしてきている気がする。それまで毎日のように、関連ニュースがあがってきていたが、最近見かけることが少なくなってきたような。

ちょっと大きな記事でいえば「キットカット」の外装が紙に代わるとの記事が出ていたが、あれも特別な紙にプラを貼合したもので、プラ使用量は減るものの、紙部分がリサイクル出来る訳ではないので、プラゴミの代わりに紙ゴミが増えるという事だそうだ。 

 

先般、仕入れ先さんの化成品メーカーさんに「生分解性プラスチック」についての簡単な勉強会をして頂いた。脱プラ問題が騒がれるようになってから、一般紙にも出てくるキーワードであるが、私達も現状がどうなのかよく分かっていなかったので、拡販というよりはまず理論武装からという意味合いで、レクチャーをお願いした。

 

メーカーさん曰く

そもそも、生分解性プラスチックの定義がいまいち曖昧であると。外気に触れていればバラバラにはなるが、最終的にはマイクロプラスチックにしかならないものや、100年から1,000年という超期間ではないものの分解に数年はかかるようなものも、現状では生分解性プラスチックと呼ばれているらしい。

 

では分解の定義とは?

「分子レベルまで崩壊する事」である。プラスチック、特に今回ターゲットにした、ポリエチレンの分解とは「高温と湿度により二酸化炭素と水になる」事を意味する。

 

グリーンプラ

完全分解されるプラスチックは、「グリーンプラ」という名称で、需要はとても少ないが、一応市場に出回っている。天然由来の木材やトウモロコシ等を原料として製造されているが、問題は山積である。

①生産量が圧倒的に少ないので、どうしても高コストになってしまう。

②分解することを想定しているので、強度は通常品よりも弱く、倉庫に保管しているだけで経時変化を起こし、包装材としての機能を無くしてしまう可能性もある。

③回収の仕組みが全く出来ていない。グリーンプラに詰めた生ゴミコンポストにそのまま入れると分解はするが、見た目、グリーンプラと通常品の区別が全く付かないので、混ざって入れてしまうと全く意味が無くなってしまう。

④完全分解をうたった粗悪品が海外から入ってきている。 

一応、日本バイオプラスチック協会というところが、「グリーンプラ識別表示制度」という仕組みを作っていて、グリーンプラにはマークを入れて識別する事になっているが、世間一般にあまり認知されておらず、ほとんど機能していないのが現状のようである。

http://www.jbpaweb.net/gp/gp_sikibetsu.htm

※日本バイオプラスチック協会HP

グリーンプラを使用しても多少通常プラスチックの使用量が減少するだけの事で、高コスト、結局は焼却処分になることを考慮すると現状では使用する意味が無いと思われている。

 

バイオマスプラスチック

環境問題に配慮し単純に、プラの使用量を減らそうと言う観点で、植物性由来の原料を10~20%混ぜた「バイオマスプラスチック」というものがある。プラスチックフィルムを3層で製造し、真ん中に植物性由来のプラを使用するといったもの。従来品より何割か高いが、なんとか一般的に売れる価格ではあるので、最近需要が拡大してきている。が、これもプラゴミ問題の解決にはならない。

 

新技術

今後有望なのが、原料をコンパウンド化することで、100%石油由来のプラスチックも生分解性に出来る技術である。メーカーさんも分解される仕組みはよく知らないらしく、ネットでも調べてみたが、素人ではよく分からなかった。原料プラントが小さいため、今はほとんど流通していないが、通常プラと同じマシーンで生産が可能なので、価格もほぼ同等になるのでは無いかとの事。今後有望な商品である。

 

最後に

冒頭にも述べたが、生分解性プラスチックの定義はまだまだ曖昧で、ネットで見ていても情報が一貫していない。完全分解する技術はある程度確立されていて、一部市場にも出回ってはいるが、環境のためというよりかはイメージアップのための自己満足の意味合いが強い。環境問題のうるさいEUで、プラスチックのリサイクル率は約30%との事。残りは埋立てや海洋投棄、そして問題になっていた中国や新興国への輸出で処理されていた。

これに対し我が国は下記にある通り約85%。ただ内訳をみるとマテリアルリサイクルが25%、18%が埋立て、サーマルリサイクルが57%とある。

f:id:kamiya1882:20190828095414j:plain

プラスチックを取り巻く国内の状況 2018年8月 環境省 より

世界的に、二酸化炭素排出の関係で燃料として利用するサーマルリサイクルはリサイクルとして認められていない。マテリアルリサイクルの内約8割が問題になっている海外への輸出であり、国内マテリアルリサイクル率を上げるためには、更にきめ細かい分別や洗浄をする必要で、そこにも燃料や労力がかかって来るわけである。であるなら、その行程を飛ばして燃料として利用する方が理にかなっているのでは無いか?
ペーパーレスも同様、プラ資源も無駄に使う必要は無いと思うが、使わない場合の影響を考慮せずに、世間一般がそうだからタダ単に使わなければ良いという風潮があるように感じる。まわりに同調する日本人の長所の弊害かな?
韓国とのいざこざもそうであるが、我が国は正しいことをやっていてもPRが下手くそなため損をしている気がする。奥ゆかしいところが日本人の良さではあるが、周りの動向にさゆうされず主張するところはきっちり主張して、我々が考える最良の方法を取捨選択していかなければならないとあらためて思った次第である。

ペーパーレス会議と環境破壊

6月27日(木)

はてなブログに変わってから、途中まで書いた下書きがなぜか消えてしまい、ここまで何度も挫折。今日は久々の更新。

先般開催された某会の理事会で、「今後、会議はペーパーレスに。来月からは原則紙資料を用意しない。PCを持参すること。」と連絡があった。理由は「事務局員の業務軽減と資源の節約」だとか。

紙屋なので、ペーパーレスという言葉にはついつい敏感になってしまう。正直なところ、紙の使用量が減る事は、商売的には好ましくはない。だが、IT技術が格段に進歩した現代、情報伝達手段としての紙の役割が薄れてきているのは紛れもない事実。時代に合わせて、無駄に使う必要はないと言うのが本心である。

ただ、この会は私も以前所属していた某○○会議所っていう団体と違って、個人の修練より、高い効果をあげられる事業を実施することがメインであると認識している。メンバーの半分程が某団体と被っているが、縛りも緩いので理事会の出席率も比して高くない。理事メンバーの出席を促すことも運営側の責務。であるならPCを持ち込まなくても、理事会に気軽に参加できる環境も求められるべきでは無いかと思った。

ちょっと話がずれた。ホントは監事講評にて述べたかったのだが、時間が無かったので割愛した。でも今一度紙と環境について思うところがあったので、久しぶりにブログにしたためる事とする。

ペーパーレス会議の理由に「資源の節約」も挙げられていた。随分前から「紙の使用=森林破壊」という図式が世界的に波及している。アメリカの元副大統領アル・ゴア氏が書いたベストセラー「不都合な真実」にも「毎週米国人が読む日曜版を供給するために、森一つにあたる50万本の木が必要」と書いてあった。この数字の妥当性は分からないが、多少誇張表現はあるかもしれないけれども、大きく違わないのかもしれない。
ただし、この文を見て一般の人は、紙を使う事で森林伐採が行われている、紙を使う事が環境破壊だ!と思ってしまっているのでは無いか?

紙の原料はそのほとんどが木から作られている。でも決して原生林を伐採して原料にしている訳では無い。

f:id:kamiya1882:20190627132552j:plain

 

 

これは、日本製紙連合会が出している、紙の原料であるパルプの原料の構成比である。

 

製材残材:主に、木造住宅や木造家具等を作る際に発生する端材の部分
天然林低資材:折れたり曲がったりしていて、製材の商品となり得ない部分。間伐材
人工林低質材:主に製紙メーカーが製紙用に人工的に植林した木材
古材:主に木造住宅を木工製品を壊した際に発生する木の廃材

上記グラフを元に国産・輸入併せてそれぞれの使用割合を算出してみた

   製材残材:18%
   天然林低資材:11%

   人工林低質材:69%
   古材:2%

これで分かる通り、原料の約3割を製材時の端材や間伐材等の本来はゴミとして廃棄されるものを利用している。
でも残り7割が植林材がをしめているので、これは環境破壊では無いのか?という方がよくいらっしゃる。


木は光合成を行って二酸化炭素を吸収してくれる事は中学の時にならったが、通水性の関係上老木よりも若木の方が多く処理してくれるという事を知らない方は多い。光合成の効率を考慮すると老木になる前に切り倒して、新しい木を植える方が環境にやさしいということになる。


ちなみにこの環境に優しいパルプの使用量は国内の紙の生産量の約35%で、残り65%は古紙を利用している。だから、わが業界は環境破壊業どころか、環境循環型業の典型なのである。昨今、SDGSが騒がれているが、製紙業界は何十年も前からサステイナブル業界として事業運営してきているのだ。紙を使うことが決して資源の無駄遣いをしているわけではない事を分かって欲しい。

先般、業界の全国大会で、「教育の電子化」についての講演があった。近年、働き方改革も相まって、とにかく「紙を使う事が罪悪である」という風潮が強くなってきている感じがする。この事についても、いろいろと思いがあるので、後日、本ブログにてしたためるつもりである。

絶品フレンチ

12月27日(木)

昨晩は(協)金沢問屋センター青年部会の12月役員会と忘年会

肉とワインが自慢のフレンチ「Griller Joe」さんで開催。

http://www.grillerjoe.com/

犀川大橋から北へ3分ぐらいの川沿いのお店です。

立場上、月に数回宴席有りの会合に参加せねばならず、最近はホテルのフレンチ率がとても高い。であるからフレンチと聞いてもあまり食指が動かない私。

単に自分の舌にフレンチは合わないだけで、決して、贅沢を言っているのではありません。出てくればもちろん美味しいと思って食してはいます。

が、高い会費の割には満足度がと低いので、フレンチと聞くと、少々うんざり感があります。

フレンチよりも、焼き鳥おでん、せんべろの店を好む私ですが、ここ「Grille Joe」さんだけは別格でした。

肉が自慢というだけあって、肉が最高に美味い。スモークした熟成肉はどれも柔らかくて、口の中でとろけるような感じでした。ここの肉は飲み物です!と言っても過言で無いくらい美味でした。

本日は大皿料理で飲み放題込みで一人1万円。コスパも最高!再訪有りのお店です。


f:id:kamiya1882:20181227075124j:image

f:id:kamiya1882:20181227075123j:image

f:id:kamiya1882:20181227075122j:image

f:id:kamiya1882:20181227075121j:image

f:id:kamiya1882:20181227075125j:image

f:id:kamiya1882:20181227075120j:image

カスハラ(customer harassment )

帰社途中、テレ朝のワイドスクランブルで『カスハラ』について特集をしていました。

初めて聞いた言葉でしたが、なんとなく自分の悪口を言われてるような語感が気になって、ついボリュームあげて聞き入ってしまいました。

カスタマーハラスメントの略で、店員に対する客による常識を超えたクレームや暴言などの行為を指します。

「完食した後につけ麺のスープが冷たかったからとの理由で代金を支払えない。」

「自分の好みに合わなかったから、代金は支払わないし精神的苦痛を受けたから慰謝料を払え」

とか、常識では考えられない事をする客が増えているそうです。

コメンテーターは企業が頑張りすぎて、客が従来のサービスに満足しなくなってきたのが原因と分析してました。

私は

ツイッターやインスタ等で簡単にあること無いことを匿名で発信出来るようになり、根拠が無くてもインパクトが強ければ割と簡単に拡散されるようになり店側もそれを恐れている。

コンプライアンスの名のもと、ありとあらゆる事が雁字搦めで遊びが無くなり、心に余裕を持てなくなってきている人たちが増えてきている。

所得格差の拡大に不満を持つ人たちも増えてきている。

といった事もあるんじゃないかと思っています。

最近心にゆとりを持てない人たちがホント増えているような気がします。「まあそれくらいイイじゃないか」という肝要さが無く、とかく白黒をはっきり付けたがる。欧米人の考え方にそまってきてるんですかねぇ?

そういえば、留学してたときに、「好きでもないけど、嫌いでもない」という表現をまわりはなかなか理解してくれなかった事思い出しました。

ある意味日本人が持つあいまいさや、まあそれくらいという肝要さが人間関係を円滑にしてきたのに、白黒はっきりさせる風潮がこの「カスハラ」のようなひずみを産んだのではないでしょうか。

日本を滅ぼす岩盤規制:デジタル教科書

12月18日(火)
年の瀬も押し迫り、忙しなくなってきました。

経済評論家の上念司氏が書かれた

『【日本を亡ぼす岩盤規制】謎の制限!? なぜ「デジタル教科書」は広まらなかったのか』http://www.zakzak.co.jp/soc/news/181215/soc1812150015-n1.html

という記事を読みました。

デジタル教科書について文科省が打ち出した「紙の教科書に代えてデジタル教科書を使用する授業は、各教科等の授業時数の2分の1に満たないこと」という制限についての反論されています。


ゆとり教育が終わり、厚く重くなった教科書を子ども達に持たせるのは可哀想だ
タブレットに教科書にすれば、重量と家庭学習に関する問題が解決する。
文科省は子どもの安全と、学習効率を犠牲にして教科書利権を守ろうとしている。

と3つの根拠をあげられていました。

この文科省が電子媒体の利用を半分に制限していたという事実は知りませんでしたが、半分の妥当性は置いといて制限する事は理にかなっていると思います。

私は紙屋ですので、電子教科書の導入には反対です。というか適切な利用をすべきと考えています。

理科や社会、英語のヒアリングなんかは動画を利用することで理解度が深まると言われていて、これには異論はありません。

対して、国語や数学などはノートに書き込んで反復練習することが肝要ですし、暗記についても教科書にラインを引いたり、ノートに書き写したりして覚えていくもんではないでしょうか?

製紙メーカーさんがよく、「『電子媒体よりも紙媒体が脳に与える刺激が断然強い。PCで文字を打ち込むよりも紙に書くことの方が記憶に残りやすい。』と脳科学者が証明しているんですよ!」という話をされます。

この脳科学者の名前が分からず、ネットを探してみても妥当な文献は出てこないのですが、それらしき事書いている記事は結構出てきます。

「書く」ことで、なぜ人生に差がついたのか?脳にいい【成功者の習慣】
http://こぴたつ.com/copywriting-habit

なぜタイピングより「手書き」は効き目があるか
https://www.lifehacker.jp/2013/02/130204writing_than_typing.html

スマホが記憶力を低下させるワケ、1万人の脳を治療してきた医師が明かす
https://diamond.jp/articles/-/147374?page=2

他にも色々書いている方いらっしゃいますが、それなりに的を得ているのでしょうか。

私も、スマホに入れたスケジュールは頭に入ってないこと多いですが、手帳に手書きしたものは割としっかり覚えています。

ランドセルが重いと言いますが、600万人いる小学生のうちどれだけの子ども達が苦痛と感じているのでしょうか?

うちの子ども達に聞いてみたところ、そんなこと露とも思っていませんでしたし、まわりにもそんなこと言ってる親御さんもいらっしゃいません。

重すぎて身体に影響がでてきて社会的な問題になるなら別ですが、子どもは甘やかしてはいけないと思います。

電子化すれば効率は上がるかもしれませんが、脳に対する影響を考えると本当に学力が上がるのか疑問を感じます。

本当に学力が上がるのであれば、変えれば良いと思いますが、子ども達の教育が日本の未来を決めるといっても過言ではありませんので、じっくり調査しながら導入を検討すべきと思います。

教科書利権なんて、中小中堅出版社がメインの業界でそれこそ電子化で下降気味の状況に、官公庁を動かす力があるとは思えません。

逆にタブレット利権の方が圧倒的に大きいのでは?

なんとなく偏った趣旨の記事と感じ、思いを綴らせて頂きました。